福岡県古賀市の特産品として認められいる創業85年を迎える増田桐箱店の桐箱。
日本で桐箱はパッケージや保存箱としての文化が長いのですが、1つの商品 としてはほとんど成立していません。
そこで、桐箱というジャンルを木材工芸として見直すことで、福岡の高い技術でつくられる桐箱の知名度を向上させると共 に、若いユーザーに日本の文化としての桐の魅力を伝えることを目的としています。
調湿性や防虫性、クッション性が高く軽量であるなど他素材のパッケージに比べ長所となる部分を生かすことで、現代のライフスタイルに合った新たな商品を生み出すプロジェクトです。

 このkiribacoシリーズの企画とデザインを担当しているのが、福岡のデザイン会社『商品企画室trythink』です。
地域産業にデザインを活用したものづくりを行うことを専門にしているデザイナーで、使いやすく魅力的なデザインを提案しくれます。

 
Top